理論上絶対に儲かる投資(2021/02/14)

理論上は、絶対に儲かる投資があります。本当だよ?
私も投資したよ。本当だよ?
もう二度と手を出すものかと思っておりますが。

そして、そのETFがバカ売れしているようです。

世界最大のボラティリティーETF、1週間足らずで40%拡大
UVXYの空売り急増、ボラティリティー低下予想を示唆

Bloomberg 世界最大のボラティリティーETF、1週間足らずで40%拡大

どのようなものかというと、$UVXY ウルトラVIX短期先物ETFと呼ばれる、VIX(恐怖指数)と常に加重平均した満期までの期間が1ヵ月の期間になるように調整されているETFがあります。そして、このETFですが、VIXとレバレッジの性質上、必ず時間経過とともに減価していきます。つまり、このETFをショート(空売り)することで、理論上必ず儲かります。

素晴らしい右肩下がりのチャートです。だいたい、1年で90%近く程の価値が消え去るようです。凄い。これは空売りするしかないよね?だって理論上、絶対に儲かるもん。

はい。理論上に絶対に儲かるならば、これに投資しないわけがありません。
しかし、理論上はそうでもやはり罠が存在します。

コロナショック時の$UVXYのチャートです。ショック前まで10程度でしたが、一時130を超えるという10倍以上の急騰しました。その後は、理論通りに減価が始まり、元の水準(2020/2/12時点で9.42)まで下がりました。

価格にして10倍以上の急騰です。2/19 の安値 $10.55から、3/18の高値 $135.0まで、ほぼ1ヵ月でテンバガー達成です。コロナショック時前にショート(空売り)していた人で、生き残っている人はよほどいないかと思います。私が見かけた、$UVXY のショート推奨の記事は保証金として5倍は入れておきましょうというのは見かけましたが、10倍は流石に入れてないでしょう。

私はコロナショックの急騰後に、だいたい$50ぐらいでショートして、$20ぐらいで撤収しました。6月頃に一時急騰した時は死ぬかと思いましたが、なんとか一時的急騰で終わってくれたため私は生き延びました。

それなりの利益を得ることが出来ましたが、投資して思ったことは、もう二度とこの商品に手を出さないと誓いました。GD、GUが基本的に発生するので死ぬときは寄りで死にます。逃げるタイミングがありません。

S&P500のVIX指数から作られる$UVXYに10倍の証拠金を入れてショートするのであれば、素直に$VTIをロングする方がはるかに期待リターンは高いと思います。

それが、今、この水準で売れまくっていることに驚いています。確かに、必ず儲かりますよ。でもそれが成就されるとは誰も言っていない。そのリスクを知って買っているのか気がかり。ニュースに出たので懐かしさも込めて。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

マネーショート(2021/02/12)

時々、株クラで話題になっているのと、リーマンショック時の市況を振り返って調べてみたりしているのでマネーショートを見ました。今ならアマゾンプライムに入っていれば追加課金なしで見れるようです。

ネタバレもないかと思いますが、以下その内容も含めて。

 

 ↓ 以下続き

 

 

 

 ↓ 以下続き

 

 

 

マネーショートは、2008年の金融危機(リーマンショック)を題材にしています。実態経済との乖離を読み取り売りポジション(ショート)で爆益するお話です。

これはコロナ禍で下目線の人には心地よい映画ですね。現在コロナ禍で経済自体は苦しいはずであるのに、株価はバブルのように上昇を続けている。これは破綻するぞ!株価暴落2番底が来るぞ!と。

しかし、この映画の着目点はそこじゃないと思うんですよ。

05年、ニューヨーク。金融トレーダーのマイケルは、住宅ローンを含む金融商品が債務不履行に陥る危険性を銀行家や政府に訴える

マネー・ショート 華麗なる大逆転

2005年にはおかしい兆候があったんですよ。でも実際に破綻したのは2008年夏です。この間約3年間。映画でも触れられていましたが、問題が発生してきているのに、なかなか問題が表面化しなかったのです。

ダウを見ても、問題が噴出しているのに相場はあげあげだったのです。数年間はバブルが継続したという事です。

なら、今のこのコロナ相場がおかしいと叫ばれていても当面はあげあげが続くんじゃないかと考えてます。こう言った矢先に崩壊来たら笑えますが……。その時はごめんなさい。

ということで、レバレッジ比率は意識しつつも、この相場に乗れる間は乗っていこうかと思います。終わりが来るその時まで。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

レバレッジ狂(訂正)(2021/02/11)

現在純資産額5700万円。保有株の$EXPI $YALA $APPS の下落により、元に戻されました。また、レバレッジ倍率の適正化のために、$EXPI $YALA $APPS $SOXL の保有を一部減らしました。

S&P500指数を見る限りはほぼヨコヨコ結果ですので、セクターローテーションが起きているように思います。

が、ヒートマップを見ても、判らん。とりあえずテスラが赤いということだけわかった。詳細は未来が教えてくれるということで、ひとまず注視のみします。

さて、昨日、レバレッジ狂なる記事を書きましたが、訂正します。

適当に、維持証拠金に5倍かけて計算しておりましたが、銘柄ごとに証拠金倍率が異なるため適切な計算ではありませんでした。

現在の米国株ポートフォリオがこちら。そして、再計算の結果、IG証券のCFD口座内でのレバレッジ倍率が2.63倍。SBI証券、サクソバンク証券を含めた全口座でのレバレッジ倍率が2.07倍でした。

なんだ。全然、レバレッジ狂じゃないじゃん。とお詫びいたします。
いあ……2倍でも全然高いですね。自戒。

$APPS なんて維持証拠金率100%なので、IG証券のCFD使う意味がありませんね……
ポジションに対して、金利が取られるので現物保有に比べてただただ損です。こういう銘柄もあるようですので気を付けていきたい。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

レバレッジ狂(2021/02/10)

現在、純資産額5900万円。$Uで爆損しているのに、なぜかYH達成しているあたり自分でも混乱しております。どうやら原油とかインドとか、 $EXPI $FUTU が伸びているようです。

さて、私のポートフォリオはCFDを利用したレバレッジをしています。

原油は商品CFDで最大レバレッジ20倍
ダウ30、ナスダック100、インドNIF、日経225は株価指数CFDで最大10倍
他、米個別株銘柄は最大レバレッジ5倍

この中で、原油と株価指数は概ねレバレッジ倍率は3倍程度です。最大レバレッジからみると、かなり抑えているかと思います。株価指数CFDや商品CFDは高レバ張ってこそのものと言われそうですが、低レバに抑えることで長期保有ができ、結果としてPFにかなりプラス寄与してくれています。

問題は米個別株でこちらもレバレッジが3倍程度あります。3倍ブルETF等があるので、株式のレバレッジは3倍程度が限度とは感じますが、個別株で3倍は明らかに高すぎです。小型株が多く含まれるポートフォリオの為、何かショックがあれば死んでしまいます。死なないためにはレバレッジ比率を落していく必要があります。

結果、キーエンス、$XPEV $ICLN を売りました。$ARKKも売ろうかと考えておりましたが、現状はまだ保有継続しています。

投資は自己責任とは言いますが、私のようなレバレッジはおすすめしません。フォロワーさんで高レバレッジで退場された方を見てきました。リアル友人でも高レバレッジで退場された方がおられますし、取引先にも高レバレッジで超爆損(入金投資法で生存)している方を見てます。

しかし、世の中には海外FX,CFDでレバレッジ888倍とか存在しますし、リーマンショック直前の各証券会社が保有している債権のレバレッジが30倍〜40倍とか聞くとなんといいますか。ただでさえ、サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)なのに、そこにレバレッジをかけていたりとか。更に、そこにCDS(破綻確率を取引する)なる保険をかけてたりとか。そりゃ、金融危機もおきますわ。

それら過去を振り返ると、3倍なんてレバレッジは超低レバなのかもしれません。否。高レバレッジは己の寿命を短くすると言い聞かせ。自戒。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

原油の出口戦略(2021/02/07)

現在、WTIで原油価格が1バレル57ドルになりました。
尚、私の平均単価は、38.45ドルなので、結構な含み益になってくれております。

そして、全体的なレバレッジ比率の適正化の為には、原油ポジにもメスを入れていく必要があります。レバレッジ狂なんて続けていたらいつか死んじゃうからね。

さて、なんか出口戦略を考えつつ、色々と考察していく。
結論は、なるほど、判らんというものと先に伝えておきます。

シェールオイルの損益分岐点
掘削継続であれば23ドル~36ドル
新規掘削は、46ドル~52ドル

生産者側の視点に立ったラインを引いてみる。生産者はこの水準を下回ると苦し出してきます。原油生産量は、アメリカ、サウジアラビア、ロシア、UAEで上位をしめるので、ここあたり。こうしてみると、結構抵抗線になっていたり支持線になっていたりするようにも見えますね。まぁ、生産者側からすると死活問題ですから足掻くのでしょう。

これだけ見ると、既にテーブルにいる全員が苦しみから脱却してますね。過去を振り返ると、価格急落に対して、おい減産しようぜ!と声かけして、60ドル以上をなるだけ維持したいという感じでしょうか。であれば、当面的な頭は60ドル付近かなぁ。

個人的にはここからバブルって一時的に80ドルや100ドル行ってもおかしくはないとも思っているのですが……

判らないので、少しづつ原油ポジの利確を進めていこうかと考えています。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

※参考
原油の基礎知識その3シェールオイル

ユニティ決算の荒波を超えて(2021/02/06)

現在、純資産額5600万円。あれ。意外に減ってないぞ……。

$Uですが、現物とCFDを合わせて1100枚持ってます。よって21ドル下げたら240万円程吹き飛ぶ計算でいましたが、結果としてポートフォリオとしては100万円程度の棄損ですんでいます。

他に保有する銘柄がカバーしてくれました。$CELH $EXPI $APPS $YALA ですね。後者2つは保有比率は少ないのですが、前日比が凄いです。この子たちのおかげで私は生き延びました。悪運強い。

銘柄ティッカーレート前日比前日比(%)
ユニティ$U128.64-21.17-14.13
セルシウス$CELH63.964.667.86
eXP World Holdings$EXPI134.979.257.36
デジタルタービン$APPS88.0810.8914.11
Yalla Group$YALA35.285.4918.43

米国株PFの中では、$U の比率(33.7%)が一番高いですが、2番目に $CELH (18.8%) $EXPI (14.1%)を持っています。今のところ、こんな感じですね。なお、現物とCFDを合わせたレバレッジ狂なので、銘柄や比率等は随時変更があります。変更は仕方ありません。死んでしまいます。

米国株PF(時価総額)

ちょっとレバレッジ比率がやはり高くなってしまっているので、銘柄や構成比率に関しては度々の変更があるかと思います。というか下げておきたい。でも、$U は売らない。

そして、来週も生き延びるよ!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

爆益だけど爆損の予感(2021/02/05)

株価指数、原油高騰により現在純資産額、5700万円。

結構、飛ばしてるように思います。原油価格も一時、57ドルを付ける高騰ぶり。日経、ダウ、ナスダックの株価指数も先週と違って好調です。ビットコ狼狽事件や、ロビンフット対シトロン・リサーチに伴う、株価暴落狼狽事件がありつつここまで来ました。

さて、$U ユニティ・ソフトウェアの決算が発表されました。
私は、米国株に関してはかなりの比率をユニティに入れています。ユニティはゲームエンジンではない。リアルタイム3Dプラットフォームである。

ゲーム会社だけでなく、自動車メーカや建築会社がシミュレーション用途で採用があるところを評価しています。ここからの収益が見込めればテンバガーも夢ではないと。

では、決算はどうだったのでしょうか。

売上高 2.2億ドル(予想2.04億ドル)
1株当たり利益(EPS)  -10¢(予想-15¢)
売上高成長率 +39%

Create Solutions 6690万ドル(39%増)サブスクリプションの売上
Operate Solutions 1億3430万ドル(55%増)広告収益及びサービス
Strategic Partnerships and Other 19.1百万ドル(19%減)

Unity Announces Fourth Quarter and Full Year 2020 Financial Results

一先ず、決算自体はクリアしてそうです。ただし、予想に対しては地味だったのか、アフターマーケットでは一時15%を超える下落をしておりました。

決算クリアしているのに、下落ってみんな強欲過ぎない?期待値高すぎない?

詳細な分析は、他の方の方が優秀だと思いますので、そちらにお任せしたく思います。私個人としては、悲観的になりすぎる必要はないと考えており継続してホールド予定です。たとえ、明日の朝に爆損してようとも……

生き残る。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

糞ポジが私を苦しめてくる(2021/02/04)

私は、ゴールドとシルバーも持っています。ポートフォリオ全体から見ると、そんなに大きい規模ではないのですが……

さて、このゴールドですが、ジャンピングキャッチポジがあるがゆえにかなり苦しいです。1951.4のこの糞ポジまじどうするよ。救われる気がしない。というかなんで持ってるよ?救われると思ってた?いあいあ。お金擦りまくってるし?の慢心の結果がこれだよ。

記事を書いている間に、1800割ってるやないけ。これは爆損不可避……
いあ。ポジ量からすれば大丈夫……。100や200下がったところで死にはしない。心は痛いけど。

どうして、このような状態になっているかというと長期金利が上がっているようです。貴金属は利息を生み出さないため、金利が上昇するのであれば、同じ安定資産である債権の方が買われて貴金属が売られるということみたいです。

米国債10年利回りチャート

今まではお金がじゃぶじゃぶだから、貨幣価値が下がって貴金属の値段が上がると言われていました。ただし、このトレンドが続くようであればレバレッジ狂であるがゆえに、ポジションを落すか見切りをつけるというのも考える必要が出てくるのかもしれません。今のところはガチホ予定ですが、少量とはいえ痛いものは痛いのです。

さて、長期金利上げの貴金属下げで苦しんでいますが、グロース株にとってもマイナスなようです。今のところナスダックは無風ですが著名なインフルエンサーは警告を発しているのが気になります。ひとまず留意はしておく感じでしょうか。

何事もない事を祈りたい。

私は生き残るのだ。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

準富裕層復帰(2021/02/04)

早くも準富裕層に復帰しました。現在純資産額、5400万円。
先週末のネガティブはどこに吹き飛んだ?戻るの早すぎない?
あと2日間ぐらいは下げ続けるだろうと思い、先週末に70万ぐらいの実損を出す狼狽売してるんだけど。

CFDや信用でレバレッジを掛けたポートフォリオを組んでいるので、下落局面での狼狽売りは必要経費です。今の時期は仕方ありません。狼狽しないためには、レバレッジ比率を適切に維持することが大事。理解しているのにポジり過ぎてる。ほんとこの状態では、相場悪化時に死んでしまいます。学習能力がありません。学習能力がないがゆえに、狼狽売をせざるを得ない状況になるわけですが……

そういえば、インドNIFを追加で購入しました。結果から見るといい所で買えているように思います。インド強すぎない?もう既に高猫してる。

ちなみにダウも少し買いました。これも結果から見ると比較的いい所で購入できているようにも思います。なんか今日、陰線つけ始めているのがなんか嫌。株価指数は基本的にガチホですのでそうそう狼狽はしないかと思いますが……

さて準富裕層に復帰したみやまですが、このまま生き残ることはできるのか。私は生き残れる。生き残るのだ。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

準富裕層陥落(2021/01/30)

米国株の連日の下落により、現在純資産額、4800万円
準富裕層を陥落しました。1月の純資産増加率は+2.12%。
毎月の給与等も含まれますし、支払いも含まれますので、全てが投資成績ではないところに留意が必要ですが。

さて1月を振り返った所、アメリカのS&P500指数は1月は-1.34%だったようです。

まさかの、S&P500指数はマイナス……
つまり、私の投資成績としてはアウトパフォームしているようです。まさか。
ビットコ狼狽300万円事件とかあったのに。

基本的には、レバレッジ指数をコアにしているポートフォリオですので、指数に連動しやすいのは仕方ありません。$U $CELHとか個別株でも結構な比率を持っているものもありますが……。全体としては難しいですね。

さて、ファンダメンタルとしては、ゲームストップ株問題や、ロビンフットや米ヘッジファンドのシトロン・リサーチがお手上げしたりとかで芳しくはありません。週明け早々からいきなり回復するとも思いにくいので、覚悟はしておかなければならないかもしれません。

その場合、どこまで下がる余地があるのかと考えたときには、高値圏から10%落ちぐらいという印象です。今までが上がりまくっていたからね……それぐらいの調整は覚悟。

来月生き残っているかな。生き残りたいな。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ